DHAうつ

「うつ」って?何が原因?

 

 

うつ、とは、気分障害の一種です。
抑うつ気分、意欲、興味、精神活動の低下、そして焦燥感や、食欲の低下、不眠症や原因不明の悲しみ、不安などを主な症状とします。

 

その他、記憶力、集中力が低下することで、仕事の効率よく悪くなったり、決断ができない、注意散漫で人の言っている事が理解できない、などの状況が目立ち、仕事にも大きな支障をきたします。

 

そんな、うつ、ですが、近年「脳内物質セロトニン不足」が大きく関係しているという事が分かってきました。
脳内物質セロトニンとは、別名「幸せホルモン」と呼ばれる物質で、このホルモンが正常に分泌されている間、心や自律神経のバランスを整える働きに優れ、健康でポジティブ、安定した状態が維持しやすいという特徴を持ちます。

 

では?なぜセロトニンは減ってしまうのか?
原因は、色々と考えられます。

 

・材料不足

 

セロトニンの材料は、「トリプトファン」
さらに合成に必要な「ビタミンB6」、脳内に効率よく取り込むため「炭水化物」なども不可欠。

 

食生活の乱れによって、これらの材料が十分確保できなくなります。

 

・不規則な生活

 

昼夜逆転の生活、運動不足などにより、セロトニン神経に刺激が加わらず、効率よく分泌できなくなります。
中でも同じ姿勢を長時間続けるデスクワークなど「首を回さない」姿勢も危険。

 

・疲労、ストレス

 

ストレスや疲労は、セロトニン神経の活動に抑制をかけてしまう要因となります。

 

【セロトニンを増やすには?】

 

セロトニンを増やすには、セロトニンの材料となる「トリプトファン」や「ビタミンB6」「炭水化物」等をバランスよく摂取する事がポイント。
中でも、近年注目されいてるのが、魚に含まれるサラサラ成分。

 

ある実験では、うつの程度が軽い人ほど、DHAEPAの値が高い、というデータもあります。
また魚の消費量が多い国ほど、うつ病になる人の数が少ない、というデータなど・・・。

 

このような結果や調査から、現在うつの症状緩和や予防に「DHAEPA」が注目されています。
しかし、1日に大量に魚料理を食すのは簡単ではありません。

 

また、魚嫌いな人にとって、健康のためとはいえ、続けるのは、至難の業。
そこで現在、数多くのDHAEPA配合のサプリが誕生し、手軽にセロトニン不足を補うことが出来ます。

 

生活習慣が乱れている、食生活が偏っている、魚不足が気になる、ストレスや疲労が心配という方は、もしかするとすでに脳内物質セロトニンが不足し、「うつ」の危険信号が点っているかもしれません。

 

早い段階で、DHAEPA配合サプリ等を活用してみてください。