DHA記憶力

 

学習能力を高めたい、受験前の「記憶力向上」を図りたい、など、お子様の秘めたる可能性を少しでも引き出したい、より多くの力を発揮してもらいたい、そんな保護者の方から熱い視線を浴びているのが「DHAEPA」です。

 

ブレインフードの一つで、脳の働きを良くする栄養素として、有名ですね。
その他、ブレインフードと呼ばれるものには、DHAEPA以外に

 

・GABA
・大豆レシチン
・ホスファチジルセリン
・イチョウ葉エキス

 

等があり、DHAEPAと一緒に摂取すると、より高い「記憶力向上」が期待できるかもしれません。

 

【DHAEPAが記憶力を高めてくれるのはなぜ?】

 

そもそもなぜ、DHAEPAが記憶力向上があると言われているのか、それは。
DHAが、脳の中に集中的に存在しているからです。

 

中でも、記憶力や学習能力に深く関係する「海馬」には、脳の別の場所に比べ2倍以上のDHAが存在しているとも言われています。
ちなみに「海馬」とは、脳の中にある「記憶を司る器官」で、さまざまな情報を収集し、それを統合したり取捨選択する「記憶の指揮官」。

 

DHAは、脳の栄養素と呼ばれており海馬に多く含まれているほど、頭の良さに繋がる、という研究データもあるくらいなのです。
その他、頭が柔らかい、硬いという表現をよく耳にすると思いますが、脳内に取り込まれたDHAは、細胞膜を柔らかく保ち、シナプスを活性化する働きにも優れています。

 

その結果、脳の伝達性を高める事が期待できるため、記憶力向上へと働きかけることができるのです。
しかも、脳に取り込めるのは、オメガ3の中でも、「DHA」だけ。

 

EPAやDPAは、脳の入り口にある「血液脳関門」という場所で、ふるいにかけられ排除されます。
つまり、DHAは、脳に取り込める数少ない貴重な栄養素となります。

 

上記のことから、DHAは、記憶力向上に欠かせない成分として注目され、「学習特化型サプリ」としても人気を集めるほどなのです。

 

【脳は100年経っても衰えない?】

 

脳梗塞などのように、脳神経細胞の病気だと一見思われがちなものもありますが、実は、脳梗塞の原因は、血管の衰え。
ある研究では、脳は、100年以上経過しても、ほとんど衰えないのでは?ともいわれています。

 

しかし、生活習慣やストレス、食生活の乱れ等により脳へ十分な栄養が届かなくなると、次第に脳機能が低下。
本来、人間の脳は3歳までに完成し、20歳を過ぎると減少する一方なので、その間、どのようにして脳の機能を正常にかつ健康に保つのか、をしっかり意識しなければならないのです。

 

ただ、昨今の「魚離れ」によるDHAEPA不足は深刻。
また、加工食品やインスタントなど、大変便利なものが誕生していることから、面倒な魚料理を避ける傾向にもあります。

 

それでは、ますます記憶力低下や現在、深刻な問題となる「認知症」へのリスクも高まるため大変危険。
そこでおススメしたいのが、手軽に摂取できるDHAEPA配合サプリです。

 

魚嫌いな方はもちろん、別のブレーンフードとの相乗効果でより高い脳の活性化も期待できます。
この機会に改めて、DHAEPAの重要性を認識し、積極的に毎日の食生活に取り入れるようにしてください。