DHAEPA血液サラサラ

 

【血液がドロドロだとなぜ身体に悪い?】

 

美容や健康に「血液サラサラ」が最適!!
と、言われていますが、そもそも血液がドロドロでなぜ悪いのか?

 

その理由が分からない方も多いと思うので、簡単に説明します。
すっかり定着した「血液ドロドロ」ですが、一体どのような状態なのか、それは、

 

「水分が少なく、血小板の活性が高まり固まりやすくなっている状態」

 

です。
もっと分かりやすく説明すると、血液が固まると血管内部に血の固まりが出来やすく、それによって、血管を防ぎ、「脳卒中」や「心筋梗塞」等、大変危険な状態に陥りやすいのです。

 

つまり、血液ドロドロだと、常に「命の危機にさらされている」というわけ。

 

【血液ドロドロの原因は?】

 

「血液がドロドロ」になる原因はいくつかあります。

 

・甘いものの食べすぎ

 

血中の中性脂肪が増え、肝臓で上手く処理できず「レムナント」という燃えカスが血液中に残るのが原因。
また、血糖値が上がると赤血球が傷つき変形しやすいことから、血液ドロドロになるリスクが高くなる。

 

・肉類の摂りすぎ

 

肉類や油に含まれる「オメガ6脂肪酸やリノール酸系」を摂りすぎると血中の中性脂肪が多くドロドロ血液になります。
一方、イワシやアジ、サンマなどの青魚には、血液をサラサラにする「DHA・EPA」が多く含まれています。

 

・ストレス、タバコ、飲酒

 

悪玉菌を増やす喫煙飲酒、血管の収縮、血圧の上昇を招くストレスは、血液ドロドロの要因。
中でもストレスは、体内の水分を劇的に失ってしまうため大変危険。

 

【血液をサラサラにするには?】

 

上記のような血液ドロドロ状態を改善する方法として、現在注目されているのが「DHA・EPA」です。
青魚に含まれる成分で、体内に取り入れると肝臓内で中性脂肪の合成を抑え、結果、血中内の中性脂肪とコレステロール量が低減します。

 

また、「DHA・EPA」には、悪玉コレステロールを取り除き、善玉コレステロールを増加させる働きもあるため、血液内のバランスを整え、さらには、細胞を柔らかくする作用も高いため、動脈(血管)自体の柔軟性、質を高める事もできます。

 

それだけではありません。「DHA・EPA」によって、赤血球本来の柔らかさを取り戻し、血液をサラサラにする事ができるので、高血圧の予防、その合併症で起こる脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病等の予防効果にも期待されています。

 

ただし、DHAやEPAを積極的に摂取していれば、それで十分というわけではありません。
暴飲暴食や飲酒、ストレスや運動不足、乱れた食生活などをそのまま続けていると、血管の内壁に脂肪の詰ったコブ(プラーク)が形成され、その部分が傷つくとそれを防ぐため、血小板が集結し、血栓が出来てしまう事も珍しくありません。

 

血液サラサラ習慣の効果を最大限に実感するためには、DHAやEPAを意識的に取り入れつつ、乱れた生活習慣を今すぐ改善する事が重要です。
また、DHAEPAは、食事から摂取するのが難しい成分なので、サプリなどで上手に補うといいでしょう。